2015年07月13日

デッド オア アライブ5』サプライズ発表

Team NINJAのいまと未来がここに! 2011年9月14日、東京都・渋谷区のレストラン"レガート"にて、コーエーテクモゲームスの精鋭開発チーム・Team NINJAの新作紹介イベント"Team NINJA NIGHT 2011"が行われた. "Team NINJA NIGHT 2011"はおもに海外メディアを対象としたイベント. もちろん外国の方々が多くいらっしゃり、国内にいるのに、なぜかE3(※アメリカ・ロサンゼルスで行われるゲームの見本市)にでも取材に来ている気分に... . レガートは道玄坂上のビルの15Fにある、おしゃれなレストラン. 壁にはワインがずらり. 最初に、Team NINJA リーダーの早矢仕洋介氏と、プレイステーション3・Xbox 360用ソフト『NINJA GAIDEN 3(ニンジャガイデン3)』(2012年春発売予定)の開発チームのメンバーである、ディレクターの安田文彦氏、オンラインディレクターの植田慶徳氏、リード・プログラマーの五嶋貴紀氏、オーヴァーシーズ・プロデューサーのピーター・ガルザ氏らが登壇(※早矢仕氏は本作のプロデューサーでもある). 『NINJA GAIDEN 3』のプレゼンテーションが行われた. 「"ジャパニーズ・ダークヒーロー"というコンセプトで開発している『NINJA GAIDEN 3』は、ビジュアルアイデンティティとして、漢字の"三"を採用しています. この1本1本の線には意味が込められています. 最初の線は、"刀". E3では、"刀で敵を切る感覚"をプレイヤーに体験していただきたいと思い、E3ではその部分にフォーカスしてプレゼンを行いました. 今回は、二本目の線について紹介したいと思います. 二本目に込めた思い、それは"報い"です」(早矢仕氏) 早矢仕氏の挨拶の後、トレーラーが流れる... はずだったのだが、ここで音が出ないハプニングか. 何度かトライ&エラーをくり返し、ついに音が出たときには、歓声が巻き起こった. スクリーンに映し出されたのは、命乞いをする男が斬り捨てられるさま、血に染まる"心"の文字、そしてまがまがしい赤いオーラ(炎? )を右腕にまとい、苦しむリュウ・ハヤブサの姿. 本作のリュウは、右腕に"殺戮の凶手"の呪いを受けている. このまがまがしいオーラは、これまでリュウが殺めてきた人々のうめきということだ. これが、二本目の線が意味する"報い"なのだろう. 早矢仕氏は、「いままでは、"自分を殺して人を殺す"という忍者像を描いてきましたが、本作では新しい忍者像を描いています. それは、"忍者である前に人間である"ということ. 本作では、リュウの苦悩がむき出しで描かれます」と語る. また、本作のシナリオ原案を、ファミコンの『忍者龍剣伝』や、などを手掛けた加藤正人氏が担当することを明らかに. 「ファミコンの『忍者龍剣伝』を手掛けた加藤氏と、現在のTeam NINJAが時空を超えて作り上げたダークヒーロー"リュウ・ハヤブサ"の姿をお楽しみください」(早矢仕氏). この後、ディレクターの安田文彦氏によるデモプレイが公開された. 本作は、アクションゲームが苦手というユーザーでも楽しめるよう、既存の難易度システムを廃止し、"プレイスタイル"制を導入. アクションゲームとして本作を楽しみたい人には"NINJA"スタイルで、ストーリーを楽しみたいに人は"HERO"スタイルを用意. HEROの場合、回避やガードにプラスの補正がついているようだ. また、NINJAスタイル内では、NORMALとHARDを選択できる模様. 「アクションゲームはどうしても苦手で... 」という人は、HEROでプレイを楽しもう. デモプレイの舞台はロンドンで、NINJAスタイルのHARDでスタート. ビッグ・ベンらしい時計塔から、リュウ・ハヤブサがダイナミックに地面に降り立ち、ハイスピードなアクションをくり広げる. 時おり、右腕が怪しく光り、強力な技を放つ場面も. 報いを受けるかわりに力も手に入ったということなのだろう. だが健闘むなしく、リュウは2回力尽きることに... . 安田氏は「本作がどれだけ手ごたえのあるゲームかお分かりいただけたかと思います」と苦笑まじりに延べ、NORMALに変更. 先に進むと、トレーラーにも登場していた命乞いをする男が登場. プレイヤーは無常にも彼を斬ることに... (散り際の「not human」という言葉が忘れられない). その後、敵の巨大な兵器から逃げるため、瓦礫の下をくぐったり、壁を伝ってのぼったりするなどの、アクロバティックなアクションシーンが見られた. ちなみに、今回は海外版で見られていた部位欠損の表現はなくなったという. これは、"斬る"ということ、敵もまた人間であることをプレイヤーに感じてもらいたかったためとのこと. また、本作はオンラインマルチプレイにも力を入れて開発している. オンライン要素については、オンラインディレクターの植田慶徳氏が解説. コンセプトは忍者と忍者が斬り合う"ニンジャワールド"で、8人のマルチプレイが可能だという. プレイヤーは皆、超忍リュウ・ハヤブサを目指す一介の忍者たち. 裏切りや殺し合いに満ちた"ニンジャワールド"内での壮絶な戦いを体験できるとのことだ. 続いて早矢仕氏が発表したのは、PlayStation Vita版の『NINJA GAIDEN Σ(ニンジャガイデン シグマ)』. これは2011年9月14日に行われたSCEJプレスカンファレンスで存在が明かされたタイトルで、こちらの作品にもプレイスタイル制が導入されているという. 「こちらは2012年の早いうちに、『NINJA GAIDEN 3』と近い時期に発売予定です」(早矢仕氏) さて、発表会はこれで終わり... ではない! 「音が出ないというトラブルが合ったお詫びに、もうひとつタイトルを発表します」と、驚きの発言が! 「Team NINJAには、もうひとつ大事なフランチャイズがあります. このタイトルで、Team Ninjaの今と未来を感じていただきたいと思います」という早矢仕氏の言葉の後、スクリーンに映し出されたのは... リュウ・ハヤブサとハヤテの姿! 工事中のビルの屋上で激しく戦うふたり. 揺れる鉄骨にまわりのオブジェクトがなぎ倒され、やがてハヤテの一撃がリュウを屋上から吹き飛ばす! ? そんな屋上での1戦目が終了し、さて2戦目もまた屋上から始まる... かと思いきや、なんと舞台は屋上から落ちた後の地上. 地上でも、上から降ってくる鉄骨や、吹き飛ばされたクルマにキャラクターがぶつかるなど、背景とキャラクターが干渉し合う展開が見られた. そして最後に表示されたのは、シリーズ最新作『デッド オア アライブ5』というタイトル! 再生するにはプラグインが必要です. ステージには、『デッド オア アライブ5』開発メンバー、ディレクターの新堀洋平氏や、プロジェクト・マネージャー柴田剛平氏らが登場. 早矢仕氏は「今の時代にふさわしい格闘ゲームの形を模索し続けてきた」と語り、その答えがこの格闘エンターテイメント、『デッド オア アライブ5』であると述べた. これまで格闘ゲームの脇役であったステージを、ダイナミックなアトラクションに進化させ、格闘と融合させた姿が見られるとのことだ. 北日本、あすにかけ暴風・高波に警戒 ダブ 『デッド オア アライブ5』はプレイステーション3・Xbox 360用ソフトとして開発中で、2012年の発売を予定しているという. なお、このイベントは海外メディア向けのため、日本での正式発売が発表されたわけではないが、期待せずにはいられないところ... ! また、「華が足りないと思う方もいらっしゃることでしょう」(早矢仕氏)という言葉とともに映し出されたのは、『デッド オア アライブ5』のイメージビジュアル. 開発陣の思いが込められているという、このビジュアルに描かれているのは... ? くの一のあのコ... ですよね? ティンバーランド 発表会はこれで本当に最後. すべてのプレゼンを終え、早矢仕氏は「Team NINJAの大事なフランチャイズ作品をお見せできたことをうれしく思います. これからも、Team NINJAは東京からゲームファンの皆さんにゲームを届けていきます. 今日はその宣誓の場だと思っていただければと思います」と述べた. 2011年9月15日〜2011年9月18日(15、16日はビジネスデイ)の期間、幕張メッセで開催される東京ゲームショウには、『NINJA GAIDEN 3』がプレイアブル出展されている. 誰よりも早くTeam NINJAの現在と未来に触れたい人は、幕張のコーエーテクモゲームスブースで『NINJA GAIDEN 3』を体験しよう. (C)コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved. ※画面は開発中のものです.
posted by MatsumotoNami at 11:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

ドラゴンクエスト南国英梨X 目覚めし五つの種族

配信クエストで発売後もどんどんストーリーが広がる オンラインRPGとなった『 ドラゴンクエストX 』では、インターネットを活かして、ソフト発売後も新たなストーリーを楽しめる"クエスト"を配信していく. 今回は、豊富な配信クエストの一例として、"職業クエスト"を紹介しよう. 職業クエストを受けてみよう 主人公が選ぶことのできる6つの職業では、それぞれ"職業クエスト"と呼ばれるクエストを受けることができる. 冒険の進行と直接的には関係ないが、どのクエストも数話にわたって奥深いストーリーが展開するほか、みごとクエストを達成すれば、職業にちなんだ役立つ装備アイテムなどがもらえる. 各職業の職業クエストは、現在1話と2話を楽しむことができるが、今後の配信でその続きが追加されていく. 2012年8月13日に3話、8月16日に4話が、6職業それぞれについて配信予定となっているぞ. そんな"職業クエスト"の一部を、以下で紹介する. 武闘家クエスト 第3話"名を継ぐ者" 配信予定日: 2012年8月13日 受注条件: 武闘家レベル40以上 クリア報酬: ぶとうぎ 武闘家を自称する"怪しい男"から、"怪しい修行書"に書かれた内容を実行することを依頼されるクエスト. 高名(? )な武闘家である"超天道士"直伝の修行も今回で3度目となるが、果たしてこれで強くなれるのだろうか... ? 修行書は"ナゾ解き"から始まる. まずは、これを解いて目的地を考えよう. 正しい場所に着くと、超天道士からさらなる"お題"が出される. 僧侶クエスト 第3話"死神の呼び声" 配信予定日: 2012年8月13日 受注条件: 僧侶レベル40以上 クリア報酬: 僧侶のほうい アズランの町近くの集落で原因不明の病が発生. しかも、その"はやり病"は人々の命をつぎつぎと奪う"死神の息吹"と呼ばれる、伝説の病気であると判明する. すでに広まりつつあるこの病を止める方法はあるのか? 病気の原因を探るため、主人公はとある場所へ向かう. このクエストは、アズランにいるバート僧正から問題解決の依頼を受ける. 300年前にこの病が発生したときは、どのようにして解決したのだろうか? 魔法使いクエスト 第3話"はじめてのオフ会" 配信予定日: 2012年8月13日 受注条件: 魔法使いレベル40以上 クリア報酬: 魔法使いの服/魔法使いのズボン とある宿屋に飾ってある、不思議な鏡. 向こうにいる相手と会話ができる、この不思議な鏡を通じて知り合った"リュナン"という人物と実際に会うことになった主人公. いよいよ"リュナン"との対面!? 鏡の向こうにいるリュナンから、実際に会う約束を持ちかけられる. 主人公の前に現れた謎の魔物たち. 果たしてリュナンとの関係は!? 旅芸人クエスト 第4話"芸を忘れた男" 配信予定日: 2012年8月16日 受注条件: 旅芸人レベル45以上 クリア報酬: 旅芸人の必殺技 洞くつでひっそりと暮らす元芸人"ポルファン"のもとで芸人としてウデを磨く主人公だったが、芸人を狙って殺してまわる者の存在を聞き、更生させるよう依頼される. 人の心をなくしてしまった元芸人の暴走を止め、事件を解決することはできるのだろうか? 悪事を働いているのは、どうやらポルファンの元弟子のようだ. 主人公に敵対心を露わにするゲイザー. もはや戦闘は避けられない!? 戦士クエスト 第4話"強さの果て" 配信予定日: 2012年8月16日 受注条件: 戦士レベル45以上 クリア報酬: 戦士の必殺技 グレン城下町に住む"アガペイ"というナゾの老人から受けられる連続クエスト. 最初は目的も聞かされないまま依頼をこなすが、やがてアガペイは真の目的を主人公に語る. 第4話では、ある場所へ向かうようにお願いされるのだが、向かった先で待ち受けていた人物とは... ? アガペイは、チカラにおぼれた"狂戦士"の存在について教えてくれる. 洞くつの中で、主人公の目の前に突如現れたこの人物は誰なのか? 盗賊クエスト 第4話"盗賊の心意気" 配信予定日: 2012年8月16日 受注条件: 盗賊レベル45以上 クリア報酬: 盗賊の必殺技 岳都ガタラで活動する義賊のグループに加入した主人公. ある日、ガタラに現れた別の盗賊団が町の人の大切な物をつぎつぎと盗む事件が発生する. 調査の末に犯人の居場所を突き止めるが、そこにはさらなる黒幕が待ち構えていた! みんなの物を盗んだ犯人を捕まえるため、まずは聞き込みを行おう. 犯人のアジトに乗り込むが、その横にはまがまがしい魔物の姿が... ! なお、戦士・盗賊・旅芸人クエストの第3話も8月13日配信予定、武闘家・僧侶・魔法使いクエストの第4話も8月16日配信予定となっている. 職業クエストのクライマックスを迎える第5話は8月20日配信予定. UGG ベイリーボタン ストーリーは、自分の目で確かめよう. ※ここで紹介したクエストの配信日・内容は事前の断りなく変更になる場合があります. 最新の情報は、プレイヤー専用サイト "目覚めし冒険者の広場" でご確認ください. カプコンバー"のグランドメニューがリニュ ※『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』公式サイトはこちら ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン メーカー スクウェア・エニックス 対応機種 Wii / Wii U 発売日 Wii: 2012年8月2日発売 Wii U: 発売日未定 価格 Wii: 6980円[税込](Wii USBメモリー同梱版は8980円[税込]) Wii U: 価格未定 ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー 備考 USBメモリー16GB以上必須 製作・開発: スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター: 堀井雄二、キャラクターデザイン: 鳥山 明、音楽: すぎやまこういち、ディレクター: 藤澤 仁、プロデューサー: 齊藤陽介 利用料金(3キャラクターまで作成可能) 【クレジットカードでの支払い】 30日間利用券: 1000円[税込] 60日間利用券: 1950円[税込] 90日間利用券: 2900円[税込] 【Wiiポイントでの支払い】 30日間利用券: 1000Wiiポイント 60日間利用券: 1950Wiiポイント 90日間利用券: 2900Wiiポイント ※通常版、Wii USBメモリー同梱版ともに利用料金は20日間無料 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
posted by MatsumotoNami at 23:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

世論調査―質問と回答〈7月7、8日実施〉

数字は%. 小数点以下は四捨五入. 質問文と回答は一部省略. ◆は全員への質問. ◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率. 〈 〉内の数字は全体に対する比率. 丸カッコ内の数字は、6月26、27日の調査結果) ◆野田内閣を支持しますか. 支持しませんか. 支持する 25(27) 支持しない 58(56) ◇それはどうしてですか. (選択肢から一つ選ぶ=択一. 左は「支持する」25%、右は「支持しない」58%の理由) 首相が野田さん25〈6〉 2〈1〉 民主党中心の内閣12〈3〉 9〈5〉 政策の面30〈8〉 46〈27〉 実行力の面.
posted by MatsumotoNami at 17:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。